エコキュート交換専門店が「エコキュートのお悩み」について一緒に解決!
エコキュート交換の専門家に相談する
エコキュート無料点検の訪問は怪しい?見分け方、断り方、キャンセル方法について

エコキュート無料点検の訪問は怪しい?見分け方、断り方、キャンセル方法について

お役立ちコラム
2023.9.6 更新
エコキュート無料点検の訪問は怪しい?

「エコキュート無料点検の訪問は怪しい?」

「悪徳業者の見分け方は?」

「強引な勧誘の断り方は?」

「契約して後悔。今からでもキャンセルできる?」

こんにちは、

エコキュート交換の専門会社・エコキュート交換の窓口スタッフの中田です。

「エコキュートの無料点検」を口実にした、突然の自宅訪問。

予期せぬ出来事に、不安になったり、不快な思いをされた方もいらっしゃるかもしれません。

この記事では、

  • 悪質な業者の見分け方や手口
  • 悪質な業者の断り方
  • 不本意な契約を再考・撤回するための「クーリング・オフ制度」
  • 正規のエコキュート点検の特徴

についてご紹介いたします。

今、この記事をご覧の方の中には、突然の訪問に「もやっ」とした思いを抱え、ネット検索された方もいるかもしれません。

この記事が、不安の解消や、悪徳業者からのトラブル回避に役立てば、嬉しく思います。

この記事を監修したエコキュートの専門家

エコキュート交換の窓口 日向 準(ひむかいじゅん) 給水装置工事主任技術者(第 267069 号)
第二種電気工事士(東京都 第 209331 号)

株式会社アールエスの「エコキュート交換の窓口」で、エコキュートの修理・交換工事を担当。ブログでエコキュートに関する様々な疑問とその解決方法を、国家資格を持ったプロとして詳しく解説。

「エコキュート交換の窓口」保有資格

悪質な業者の見分け方

悪質な業者の見分け方

訪問販売自体は営業手法の一つで、訪問販売=悪いものではありません。

しかし、訪問販売を利用した悪質な業者は、残念ですが存在します。

この記事では、「エコキュートの無料点検」を装った悪質な業者への対策全般を、まとめてお伝えしていきます。

まず、最初の違いとして、事前連絡の有無があります。

エコキュートの正規の販売元やメーカーの点検であれば、事前に連絡があります。

一方で、悪質な業者は、突然訪問してくるケースが多いです。

悪質な業者は、突然、訪問してくる

  • 事前に連絡せずに、突然、訪問してくる
  • 日中以外に、夕方〜夜など家に人がいる時間を狙ってくる
  • 社名を名乗らなかったり、名刺を渡さない
  • 一方で、大手企業の名を語り騙すケースもある

大企業の名前を語っても、信用できません。

をついていたり、話をよく聞いてみたら全然関係なかった!というケースもありますので、注意しましょう。

ニセの名刺や身分証にも、惑わされないようにしましょう。

悪質な業者は、共通の手口や会話パターンを繰り出す

悪質な業者には、共通の手口や会話パターンがあります。

手口を知っていれば、相手のペースに飲み込まれることもなく、「なんか、おかしい?」と違和感にも気づきやすいと思います。

「エコキュートの無料点検」を口実に接触してくる

販売元との事前契約による「無料点検」などではなく、初めて出会った見ず知らずの業者が「エコキュートの無料点検」を語る場合は、注意しましょう。

「無料点検」は、近づくための口実に過ぎません。

<偶然を装う>

  • 近くで工事をしていたので
  • エコキュートをお見かけしたので

<煽ってくる>

  • キャンペーン中
  • 今だけ特典あり
  • 限定数のみ、無くなり次第終了

「配管が故障」「タンクに不具合」などといって、点検や部品交換を提案してくる

「故障や不具合」をチラつかせて、お客様を不安な気持ちにさせ、最終的に、高額な部品を売りつけてくる手法があります。

「配管が故障している」

「タンクに不具合がある」

と言われても、応じないようにしましょう。

後で気になるようなら、エコキュートの取扱書に記載されている「点検の手引き」を参考にして、ご自身で対応してみましょう。

自分だけで対応するのが不安な場合は、メーカーのサポートセンターに問い合わせが可能です。

メーカー お客様サポート
三菱電機 サポート・お問い合わせ
パナソニック お問い合わせ
日立 エコキュート:お問い合わせ
コロナ サポート・お問い合わせ
ダイキン お問い合わせ
東芝 お問い合わせ

水が汚れていると不安を煽り、「フィルター」や「浄水器」をすすめてくる

これも先ほどの手口に近いですが

「水道管の内部が、、」

「水道水に含まれる塩素が、、」

などと、一見、理由になりそうなことを伝えて、

「このままでは危険」

「故障したら大変」

「予防しておくべき」

と畳み掛けて、

最終的には、高額なフィルターや浄水器を売りつける手法があります。

こちらも同じく、応じる必要はありません。

心配になってしまったときは、正規の販売店やメーカーにご連絡することをおすすめします。

「無料、タダ、ゼロ円」や「ついで」を疑う

「無料だから」「タダだから」「ゼロ円だから」は疑いましょう。

最終的に、高額商品を売りつけるパターンです。

「初期費用ゼロ円」も注意が必要な言葉で、実態は、高額ローンにすぎません。

即決させようとする

相手に、考えるすきを与えず、即決させようとするのも、手口です。

悪徳業者は、その場で契約を勧め、サービスを受け入れるように迫ることがあります。

しかし、正規業者であれば、事前に十分な説明と同意を行い、そして、契約前に見積もりを提示します。

その場での契約しようとする行為自体が怪しいので、断りましょう。

悪質な業者の断り方

悪質な業者の断り方

悪質な業者の断り方と、家に入れてしまったときの対応についてご紹介します。

対応方法を心得ていれば、悪徳業者に遭遇してしまったときも、安心です。

玄関に入れない

玄関に入れない。これは基本です。

玄関に入れてしまうと、相手の話が長くなりがちで、断りづらくなります。

インターホン越しにお断りするのが理想的です。

・・・と、上手くいく場合だけでもないかもしれませんね。

下記をご覧ください。

「必要ない」と意思表示する

「必要ない」ことを、明確に意思表示しましょう。

  • お任せする会社が決まっているので、間に合っています。
  • 最近、修理を済ませたばかりです
  • 今は、必要ありません。

粘り強く、意思表示する

相手が、粘ってくる場合もあります。

  • 詳しい人が不在で、判断できません。
  • 出かける予定があり、もう時間がありません。
  • 一旦、考えます。
  • 今は判断できないので、お引き取りください。

なかなかストレスフルですが、感情的にならず、落ち着いて(深呼吸でもして)、淡々と対応しましょう。

  • 「家族と相談したいので」と伝える
  • チラシだけ受け取り、帰宅を促す

相手のチラシをもらっておくと、後から調べやすいです。

家に入れてしまったときは、その場で契約をしない

訪問してきた業者を家に入れてしまった場合、その場の契約はさけましょう。

不安や心配で頭がいっぱいになっても、一旦、冷却期間を置いて、考え直すことが必要です。

少しでも、ひっかかることがあれば

  • 訪問してきた業者について調べる
  • 家族と話し合ってみる

ことが必要です。

「金額」についても、相場を確認しましょう。

正規の販売元やメーカーであれば、

  • 突然訪問することも
  • その場で契約を迫ることも

しません。

契約の前には見積もりを提出し、相見積もりなどお客様の側が他社と比較・検討する時間も考慮し、納得した上で、ご契約できるようにします。

契約を解除できる「クーリング・オフ制度」や、電話窓口「消費者ホットライン188」を利用する

消費者を守る2つの制度をご紹介します。

「クーリング・オフ」とは、もし契約してしまっても一定の期間内であれば、契約を解除することができる制度です。

「消費者ホットライン」は全国共通「188」でつながる、電話相談窓口です。

クーリング・オフ

国民生活センター「クーリング・オフ」

クーリング・オフは、いったん契約の申し込みや契約の締結をした場合でも、契約を再考できるようにし、一定の期間であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除したりできる制度です。

期間 クーリング・オフできる内容
8日間 訪問販売、電話勧誘販売、特定継続的役務提供、訪問購入
20日間 連鎖販売取引、業務提供誘引販売取引
起算 上記クーリング・オフ期間は、書面を受け取った日から起算

消費者ホットライン188

消費者庁「消費者ホットライン188」

契約や悪質商法におけるトラブル、製品・食品やサービスによる事故等のご相談で、どこに相談してよいか分からない場合には、一人で悩まずに、 消費者ホットライン188番をご利用ください。

消費者庁「知ってほしい悪質商法」(リーフレット)

様々な訪問販売の事例

消費者庁の「特定商取引法ガイド」では事例を掲載して注意を促しています。

他にも、たとえば、Yahoo!知恵袋などで「エコキュート 無料点検」と検索してみると、怪しい事例についての質問例と解答例が出てきます。

訪問販売は、全てが悪いわけではなく、昔から続く、営業手法の一つです。

しかし残念なことに、住宅設備やリフォーム関連の被害報告がないわけではありません。

最近は法律でも強引な営業はNGとされ、消費者を保護する仕組みも整備されてきましたが、いたちごっこな面もあり、

「怪しいな?」

「何か変かも?」

という場合は、注意して、警戒しておくことほうが安全といえるでしょう。

エコキュートの正規点検の特徴

エコキュートの正規点検の特徴

正規の販売元やメーカーは、「事前連絡」「身分証の提示」を徹底しています。

突然の訪問、強引な勧誘、高額商品を売りつけることもしません。

このような特徴を把握して、悪質な業者を見抜きましょう。

エコキュートの点検・メンテナンス内容を再確認する

エコキュートをよい状態で使用するには「点検方法」や「メンテナンス」が必要です。

あまり意識せずご使用されていた場合は、「エコキュートの取り扱い説明書」に記載がありますので、再確認しておきましょう。

タイミングや内容について、説明されています。

メーカー各社の点検・修理依頼窓口

点検・修理内容について気になった方、メーカー各社の「点検・修理の窓口」を一覧にしましたので、参考にしてみてください。

メーカー 案内ページ
三菱電気 修理のご相談
パナソニック 出張修理サービス
日立 エコキュート:お問い合わせ
コロナ 修理・アフターサービスに関するお問い合わせ
ダイキン 充実サポートで安心
東芝

修理のお申し込み

エコキュート交換の窓口

エコキュート交換の窓口

この記事では、エコキュートの無料点検を口実にした悪徳業者への対策をお伝えしてきました。

エコキュートを扱う会社は、大手だけでなく、中小企業も多く、会社選びが難しい面はあるかもしれません。

多くの企業は良心的であるはずですが、

いい会社には共通して

  • 読みやすく、整理して情報を伝えている(HPやチラシなど)
  • 料金体系がわかりやすい
  • 事前見積もり
  • 追加請求がない
  • 対応エリア内(お住まいの地域に対応している)
  • 対応が早い
  • 取り扱い商品数や在庫量が多い
  • 保証やアフターサービスが充実している
  • 施工実績が豊富
  • 補助金申請をサポートしてくれる
  • 質問や気になることを尋ねやすい

などの特徴がありますので、参考にしてみてください。

エコキュート交換の依頼先や選び方は、下記の記事で詳しく解説しております。

「エコキュートの交換はどこに頼むのがいい?おすすめ業者・良い会社の選び方や探し方」

エコキュート交換の窓口

エコキュート交換の窓口は、お客様に安心してご依頼いただける会社だと自負しております。在庫も豊富にございますので、最短翌日交換も可能、スピーディーに交換できます。

1.明朗会計

ご連絡いただいたお客様に対し、無理なご提案は一切せず、事前見積もり制、お見積もり後の追加請求はございません。また、お見積もり後のキャンセルも可能です。

2.お客様本意

エコキュート交換の工事費用は変動します。ご自宅や敷地の事情で難易度が変わるためです。当社は、事前に状況を把握させていただき、見積もりをお出ししています。また、現地調査をご希望の場合には、ご自宅に伺っての見積もりが可能です。

3.手厚い保証

設置後は「無料の10年保証」をお付けし、安心して、長くご愛用いただける環境をご用意しております。

お客様にとっての、最高の一台が見つかることを、何よりも嬉しく思っております!

年中無休、24時間メール受付・7時〜22時お電話受付、ご相談は無料です。

どうぞお気軽に、エコキュート相談の窓口までご連絡ください。

無料で詳しくお見積いたします。お見積り後のキャンセルも可能。エコキュート交換の無料相談はこちら。365日年中無休で対応 0120-769-397

エコキュートの基礎知識一覧
エコキュートの基礎知識一覧
工事+撤去+廃棄の
コミコミ価格でご案内!
補助金を利用して8〜13万円分値引き中!
詳しく見る